夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

トラブル

こんにちは。

今日は少し嫌なことがあって、心が若干かき乱れている。

プライバシーがあるので、あまり詳しくは書けないが、仕事場でちょっとした言い合いがあったのだ。生きていれば他人の喧嘩というものには度々出くわすが、あまり気分のいいものではない。

その喧嘩の張本人には妄想などもあり、喧嘩を売られた相手方は気の毒だが、売られた喧嘩に乗ってしまったのだから、いまいち相手方にも同情できない。

その後私は相手方と仕事の関係で車に同乗していたのだが、相手方は喧嘩の余韻で高ぶっていて、声を多少荒げていて、音に敏感な私はそのことにそれなりに不快感を感じることとなった。

結局その喧嘩も殴り合いまでには発展しなかったのでひと安心だったが、私は神経的に少し磨耗し、疲れたので、午後は早退した。

私の障害で最も生活に支障をきたすのが、敏感さなのだが、これはかなり気をつけていても解消の仕様がないので、困っている。そんな中で今日の早退という判断は正しかったと思う。今日の午後はゆっくりいきたい。音楽でも聴きながら、ぼおーっとしたい。

武士道

31歳。まずまず満たされている。健康で文化的な生活が送れているし、分かち合える友もいるし、夢や目標もある。

不満なのは作業所という簡易的で軽微な労働しかできていない点と異性関係の色彩はやや淡白だということだ。

求めているものは何だろうか?自らの中にある男性性と女性性の統合。最近、女の人の前に行ってもあまり緊張しなくなった。女性というものが段々わかるようになった。また人間そのものへの理解も進んできた。

まぁやっていこう。人生を人間を目一杯繰り広げていこう。

俺はもうおじさんなんだ…。しっかり内実を鍛えていかなければ。

「武士道」が俺の中にあるいい点だろう。

ある晴れた日

最近。まずまず充実している。精神状態、安定してきた。無理しなくなった。やせ我慢しなくなった。自分にあまり嘘をつかなくなった。媚びやお追従、徐々に減ってきた。自分を大切にするようになった。

ダイエット。まずまず。数値的には全体的に横ばい。ただたぶんいいペース。運動継続できてる。体力、少しずつついてきた。

読書。ノートルダムドパリ、読解中。単純に面白い。建築や印刷術や聖職者に対する言及、非常に興味深い。読んでいると、人間に対する理解深まる。愛されなかった人間や社会の辺境にいる人間に対するユゴーの温かい視線、大変勉強になる。大スペクタクル。物語も中盤、今後が楽しみだ。

温かい日差しと澄んだ青空とゆっくり流れる白い雲のような日々を最近は送れている。マイペースでやっていきます。自費出版の会社の文芸コンクールに応募します。それでは!

2018年4月5日

中々充実した日々を過ごせている最近だけど、家族内の揉め事や甥っ子の泣き声とわんぱくぶりにイライラしたり、困惑することも多い。

ただなんだかんだ言いながら、今日はいい1日だったと思う。通っている施設で今度産休に入るスタッフと10分くらいだが、内容のある話ができたし、道でばったり、よく通っているカフェの従業員の女性とすれ違って笑顔で挨拶されたり。二人とも僕の勝手な思い込みというか誤解で、あんまり良く思われていないんじゃないかと思っていたが、それは全くの被害妄想的な誤解で、やや自意識過剰だったのだ。で、まあ二人ともにそれなりに良く思われていることがやや確認できたので、随分嬉しかったのだ。

それからジムに通い、筋トレを中心にメニューをこなした。体脂肪率はほぼ横ばいだが、筋肉量が増えているので、ジム通いはまずまずの成果を上げていると言えるだろう。

甥と姉の旅立ちまであと僅かだ。泣き声などは音に敏感な私にとってかなりのストレスになるが、もうしばらくなので、なんとか耐えられそうだ。残された時間を大切にしながら、大事にゆっくりやっていきたい。

日々が流れていく

僕は何かしているようで、何もしていない

季節も巡っていく

桜もだいぶ散った

いろんな出逢いと別れ、想い出があった

僕はどこへ行くのだろう?

風に流されていくのが今は気持ちいい

なるようになるのだから、成り行きに任せればいい

掴んだものはいずれ手を離さなければならない

だから、掴んだ瞬間を大切に

春はいい季節だ

純粋な匂いがする

僕があの時見た光はきっと幻なんかじゃない…

Lucky

ご無沙汰しております。starttodayです。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?花見は行きましたでしょうか?ハラハラ散る桜がキレイですね。

僕は花粉症に悩まされながらもまずまず元気にやっております。

ジムにも定期的に通えており、体重は増加傾向ながら、体脂肪率は減少している模様です。嬉しいです。健やかな春を過ごさせてもらっています。

今調子がいい理由として、ある人に詩をほめられたのと別のある人から手紙を頂いたことが影響しています。

二人とも信頼していて、人間としても力のある人だと僕は思っているので、尚更嬉しいです。

僕という人間も僕の文学もまずまずのものになってきているのかもしれないなぁと思えました。二人ともがこころから僕を応援してくれて、将来を期待してくれてるのが伝わってきたので、すごく有り難かったです。

着実にやっていこうと思いました。応援してくれる人を、何より自分自身を裏切らないような生き方を、不遇の時も腐らず、甘い夢にそそのかされず、していこうと思いました。

これからもブログは細々と続けて参ります。いつもご拝読ありがとうございます。それでは!

与えられるものは相応しいものだ

久しぶりの本格的な憂鬱。理由はわからない。体がダルく、悶々としていたら、段々憂鬱なことを考えていた。自分の人生に満足しているのか?できることは他にないのか?未来はどうなるのだろう?ただ自分は知っている。これでもベストなのだと。思い通りにならない人生の中でも健闘している。人間とは何だろうか?そんなに美しいものでも清いものでもないだろう。では、生きる意味は?それを見出だすために生きている。31歳、どんな時期だろう?諦めるにはまだ早いけど、少しずつ諦めてきた。何を?思い通りにいかないということを受け入れてきた。痛みを伴いながら、本当に欲しいものを見つけようとしている。そんなに多くはいらない、全部は欲しくない。「与えられるものは相応しいものだ」と自分に言い聞かせて、道を一歩一歩前に進む。