夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

退屈な日曜日

ゆっくり過ごしていきたい。

あまり焦らずに欲張らずに素直に生きていきたい。

最近は不調で心身共に揺れまどうけど、その中でも的確に舵を取りながらやっていきたい。

今日の一歩が確実にどこかには近づけていて、だから、挫けずにまた一歩、歩を進めよう。

空は荒れ模様で晴れないけど、厚い雲の向こう側にはきっと青空が広がっている。

退屈な日曜をコーヒーでも飲みながら、ゆっくり過ごそう。

友達

久しぶりにある友達から連絡が来た。

事務的な内容のやり取り(次会う日の日時設定)だったが、心が楽になった。

友達とはそういうものだ。

僕と彼としては珍しく2ヶ月以上間隔が空いているから、ちと緊張するが、大丈夫だろう。

いわば僕と彼はソウルメイトだからだ。

彼との時間じっくりと楽しみたい。

子守唄

悲しい 苦しい

自分で落ち込んだ罠から抜け出せない

引っかかった理由も自分でわかっているから、いまいち自分も責められない

生きるのは困難

子供の頃思っていたよりもずっと

音楽が癒してくれる

悲しげで優しい声で

すべてのことを最初からわかっているみたいな声で

見つけたと思ったものは

ことごとく偽物で

自分が愚かだと気づいたのは気づくべき時よりずっと後で

もう物事は発進してしまっている

後に何も残さずに

晴れた空は爽やかで

光を塵が反射させている

子守唄みたいに

すべてを受け入れるように

追い立てられてる

急き立てられてる

何に?

実体は見えない

目に見えないものだから恐ろしい

見えない敵は強大だ

怖じ気づきそうになる

勝てるか?

勝算は五分五分だ

劣勢になりかけてる

でも、俺は諦めることはしない

意地があるからだ

してきた約束があるからだ

遥か先に見える青い空に向かって歩こう

黒い厚い雲をくぐり抜けて

明日はきっと晴れてる☀️

悩んでいる

愚かな私

顔も少し疲れている

タメ息も自然と出る

それでも何とかやっていけているのは

家族や友達・仲間・カウンセラー・医師・クラブハウスのスタッフ・作業所のスタッフなどがいるからだ

それらの人のおかげで何とか1日をやり過ごせている

ブログ仲間も大切だ

今の僕にとって1日1日生きるのは簡単なことじゃない

頓服薬もたくさん飲んでいる

でも、僕は1人じゃない。

だから、僕はこの人生という困難な闘いにきっと勝つことができるだろう

ゆっくり過ごしていきたい

ゆっくり過ごしていきたい。

無理なく過ごしていきたい。

自分を大切に過ごしていきたい。

あんまり頑張らずに生きていきたい。

その中で仲間を大切にできたらいい。

自然を愛せたらいい。

生き物を愛せたらいい。

でも、とにかく今は自分を大切に無理なく、ゆっくり過ごしていきたい。

四季

なんとか今日も生きている

適度に人に迷惑かけながら

情けない人間だけど、たぶんそんなに悪くない

自分の欠点を自覚してきたし

寒くなってきた

もうすぐ本格的な秋が来る

鍋がおいしい季節が来る

ちなみに私はキムチ鍋が好きだ

コンビニのおでんも好きだ

日本に四季があることは喜ばしいことだと私は思う

春も好きだし、夏も好きだし、秋も好きだし、冬も好きだ

四季や風を感じながら、ゆっくりと年を重ねていきたい