読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

今でもわからないなりにわかっているし、いずれそれがわかることを今、俺はわかっている

今日は友達との会話や時間がすごく楽しかったし、コーヒーも3杯飲んだからか、興奮して、続けて記事を書いている。

何を書くかなんて決まってないし、書きたいことなんてなくて、ただ字を打ち込んでいたいだけなのかもしれない。

下手な文章だって、下手な絵だって、下手な演奏だって、本人が楽しんでいれば、それでいいんだ。どう見られているかなんて、好きなことをやっている時ぐらいは気にしなくていい。

論理の飛躍があろうが、誤字があろうが、デッサンの稚拙さがあろうが、ミスタッチがあろうが、思い入れが強すぎたり、感情に傾き過ぎていようが、それはそれでいいんだ。好きなようにやればいいんだ。人生と同じように。時にはアンプを右に思いっきりひねってもいいし、原稿用紙を丸めてゴミ箱に放り込んでもいい。大切なことは楽しむということ。それをしていることや生きているということを。

生きていることはベートーベンの『運命』が示すように、喜び・絶望・希望・苦悩・回復など語り尽くせない様々な感情や体験を重ねることだ。真っ暗闇な時もあるし、あまりにも美しい光に包まれる時もある。

だから、ずっと探求したい。「生きるとは何なのか?」を。「自分が生まれてきた意味とは何か?」を。

でも、俺はいずれ答えにたどり着くだろう。語り尽くせない、喜び・悲しみ・苦しみ、そして、楽しみを経て。