読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

表現したいことを表現するためには、表現しようとするしかない

「表現したいことを表現するためには、表現しようとするしかない」という言葉を昨日思いつきました。

昨日カウンセラーに原稿用紙5枚くらいの説明的な文章を読んでもらいました。

「どういうことが言いたいのかよくわからない」と言われ、落ち込みました。

自分でも自分の感情や状況を説明したり、描写したりするのが苦手なのは気づいていたのですが、はっきり言われてショックでした。

それでも、「今の現状を受け入れて、前を向いて進んでいくしかない」と時間が経って、思えるようになりました。

そうです。愚直に進んでいくしかないのです。

さっそうと一段とばしに、またはスマートにかっこよく、成長したり生きることなんて、本当はできなくて、みんな傷ついたり、立ち止まったり、遠回りしたりしながら、成長したり、成熟していくのです。

だから、くじけず、これからもたくさん書いていこうと思います。いろんな文章や詩を。自分に合った形式や表現方法をいつか見つけたいです。

いつか自分の内側にある、表現しづらい微妙な感情や想いを昇華した形でお見せしたいです。それはきっと美しく豊かで、感動してもらえたり、つながりあえたりするものだと思うので。

最後に自分が書くうえで大事にしている言葉を、紹介します。

「何も書かないよりは何か書いた方がいい」です。

今日も読んでくれて、ありがとうございました。