夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

マハロ

私の心には1つのカフェが刻まれています。

そこは「マハロ」という名のハワイアンカフェです。

「マハロ」はハワイ語で「ありがとう」という意味です。

そこは店名が示すように温かい店でした。

思い出すと心がほっこり温まるような店です。

テラスや窓際の席から見える夕日は絶景でした。

店員さんはみんな品があって、背筋が伸びていて、見た目にも心にも清潔感がありました。

この店について語り出すと、長くなりますが、本当に夢を具現化したような店でした。

こうやって語ってしまうと陳腐になってしまいますが、私にとってはまさに「パラダイス」でした。

鮮やかな色とりどりのパレオ、コーヒーの香り、ウッド調のチェアとテーブル、聴こえてくる優しいハワイアンの音楽。

マハロがなくなってしばらく経っても、私ははっきりと覚えています。

何千回も通った店ですから。

様々な光景がよみがえってきます。

そして、思い出す度に少し寂しくなります。

広告を非表示にする