読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

抱擁

とんでもなく自分がくだらない存在で、社会にとってお荷物で、今抱えている憂鬱も結局はどうすることもできない気がして、月明かりだけが無駄に明るくて、自分の人生の責任を自分だけに帰するのはやめようと思った。

憂鬱な時、決まって聴く、ニック・ドレイクエリオット・スミスというアーティストはどちらも26と34の時に不幸な死に方をしていて、だからなのか、本当に辛いときは自然と2人のアルバムを聴いてしまう。そのことが少しでも供養になっていればいいな。

あっけなく何人か知人を亡くした後では、「生きているって何なんだろう?」というおなじみの問いもどこか間延びしてて、真剣に考えるのが馬鹿馬鹿しくなる。これから自分も自分なりに何かをして、いつかは必ず死ぬのだ。猶予もなく。

時間は流れる。とどまることなく。そのことは冷たいことでもあるけど、すごく温かく優しいことでもある。すべての人にとって同じ早さで流れるし、すべてを洗い流すのだから。とどまらぬ時間を追いかけるのはやめて、自分のままでここにいる自分を温かく抱きしめる。最初から知っていたみたいに。