読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

夏の終わり

夜風が涼しくて、少し寂しげで、

夏が終わりかけていることを暗に示している

季節が過ぎるのは終わってみれば、あっという間で

すべての季節が終わってみれば、よかったものだと思えるのはなぜだろうか?

出逢いと別れ

ハローとグッドバイ

それを繰り返して、年は重ねられていく

白髪も増えてきたし、つくためいきも増えたかもしれないけど、

人生に絶望したわけじゃない

人生に絶望するには俺はまだ若すぎるし、ものを知らなすぎる

遠くに見える夕日は子供の頃と同じように綺麗で、

きっと夢は叶うんだとか伸ばした手は届くんだと思わせてくれる

夏がもうすぐ終わる

そして、波が一緒に何もかもをさらってゆく