読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

Letter

苦しい気持ちから逃れるためというより、苦しい気持ちに自分を馴染ませるために書いている。

エリオット・スミスという中々に憂鬱な歌手の力を借りて、なけなしのお金で酒を飲むように文字を連ねている。

この孤独感はどこから来るの?今までの関係がすべて、嘘みたい。

人は結局はわかりあえないんだ。悲しいことに。すれ違い、誤解、絶望の連続。最後に握らされるのは涙と憂鬱の塊。

俺のこと、誰かわかってくれないかな?弱い細い声で、ずっと呼んでるのに。誰にも届かない。

無視され適当に処理される言葉。でも、「言葉」だけは生きてる。自立して、独立して。生き生きとした光を湛えて。

聞こえているだろう。声は。あの人の元にも。声にならない声は聞こえているだろう。理由などなく。伝わるものはなぜか伝わる。意味を超えて。

どんなに絶望しても続けていけることがある。あの人に届かせるために。