読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

俺の夢って何だったんだろう?

美人な奥さんがいて、郊外に一戸建て。車庫には高級国産車。みんなから「先生」と呼ばれ、誰からも一目置かれてる。

それが俺の夢だったのだろうか?

違う。

俺の夢は今でも実現してる。月収13万で、一緒に働いているのはエリートサラリーマンなんかじゃなく、知的障害の個性的な仲間達。彼女は長い間いないし、できそうな気配もあまりない。でも、カウンセラーや美容師さん、行きつけのカフェの店長、そして、社会でうまくやっていけない精神障害を抱えた 不器用な愛らしい愛すべき仲間達が俺を支えてくれている。人から尊敬されてはないけど、愛されている。

俺はたぶんこういう生き方がしたかったんだ。

そして、20歳の時に立てた誓いは優しく微笑みながら、果たされるのを待っている。

きっと夢は叶う。