読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

啓示

ほろ苦いビターな後味のような29歳を生きている。希望があるのかわからない。あるのは挫折感と焦りとコンプレックス。

彼女ができそうなアテはない。これから就職するけど、うまくいくのかわからない。不安と絶望感が今聴いているエリオット・スミスの音楽と調和している。

それでもなんとかなるかもしれないとも思っている。状況はどうあれ、どう捉えるかは自分に委ねられているのだから。

俺は価値観がたぶん通俗的すぎる。世間の価値観じゃなくて、自分の価値観に早くなりたい。

闇を直視するにはまだまだ自分が弱すぎて、目を背けてる。それでも少しずつはたぶん強くなってる。

自分を受け入れようとしているから、今苦しいんだ。逃げてない証拠だ。問題だらけの自分だけど、それに立ち向かい続けてる自分がいる。

外は暖かな日差しが射して、優しく世界を包み込んでいる。「もうどうにでもなれ!」って思うことも時に必要だ。

苦しいのはたぶんみんな同じだし、考え方によっては人間皆友達だ。優れた音楽を聴いているとそんな気持ちになる。

俺の文章でみんな何か感じてくれるかな?痛みとか悲しみとか希望とかつながりとか。もっとうまく書ければいいけど、今はこれが精一杯。

ないものねだりとか嫉妬とか羨望はなくなりはしないけど、今の自分や自分を包み込む状況・自分ができることに目を向けると豊かな自分に出逢える。

書くことでどこかに到達できればいいのに。闇や絶望を乗り越えられればいいのに。自分に課された運命や役目はまだわからないけど、逃げずに果たしていこうと思う。弱音を吐きながら。

泣きそうになりながら、吐きそうになりながら、日々を過ごしていけば、いつかきっと突然光が射してくるはずだ。啓示みたいに。