読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

ロボット

「そんなものさ」と自分をなぐさめることも時には必要だ

男が寝る前に酒をたしなむように

音楽は希望を唄っているのに、どこか悲しげだ

晴れているのに、雨が降る時のように

友情・希望・愛・憎しみ・羨望・嫉妬

様々な感情があるけど、人工知能が埋め込まれたロボットより、感情に翻弄される人間に生まれた幸せを感じる

感情は池に落ちるひとしずくのように、身体全体に波紋を投げかける

あなたの心に触れられた時、

あなたが心に触れてきた時、

僕達の空は1秒間、1つになった

その瞬間は刹那だったけど、永遠に脳のチップに刻み込まれた

ロボットよりもずっと精巧で、繊細な脳に