読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

成長

うまく説明できないけど、自己理解が進んだ気がするし、社会・世界に対する信頼感が増した気がする。

自分が10年前くらいの大学生活からつまづいてしまったのは、今までは発達障害が原因だと思ってきましたが、それだけが原因でなく、育った環境も影響していたんだと思うようになりました。

正直、うちの両親はあまり仲がよくありませんでしたし、共働きだったので、どちらも常にそれなりに忙しそうでした。僕は隣に住んでいる祖父母によく面倒を見てもらっていました。それはそれで幸せだったのですが、行き届かなかった部分もあったと思います。祖母では話を受け止めて、理解したり、導いていくみたいなことが年齢的にも難しかったと思います。結果的に僕は自分の感情を抑え込んだり、独善的になってしまいました(いろんな理由が考えられますが)。

うちの家族は一種の機能不全家族だったかもしれません。まあそれはそれで、完璧な理想的な家族なんてないし、父も母も家族みんなもそれぞれ自分の役割を懸命に果たそうとしていたんだと今になっては思います。 父も発達障害的なところが随分あって、父自身も苦しんだと思うし、周りも苦労したと思います。父は3年前に亡くなりましたが、今は家族間の会話も増えたし、雰囲気もよくなりました。自分も少しずつ素直になり、社会や世界に溶け込めてきた気がします。

どん底だった頃は社会や世界が冷たく、悪意に満ちたものだと感じていたのですが、今は温かいだけでも、優しいだけでもないけど、したことやあることに相応しいものが返ってくる、ほのかに温かいところと感じるようになりました。

これからも幸せに向かって一歩一歩進んでいきます。

今日も読んでくれてありがとうございました。