読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

手紙

今日はあんまり深く眠れず、早く起きてしまったので、開店直後の近所のカフェでアイスコーヒーを飲みながら、ブログを書いている。

昨日は、いつも行っているカフェで長く働いている女の子がもうすぐやめるので、手紙を書いて渡した。その子はそこで何年も働いていたし、話しやすい子だったので、今までに日常会話とはいえ随分いろんなことを話した子だった。

手紙を書き始めたら、感謝の気持ちとか応援している気持ちとか自分のことを打ち明けたい気持ちとかが重なりあって、結局原稿用紙5枚書いてしまった。少し非常識な量になってしまったが、書きたいことに忠実に書いたらそうなってしまったし、その子は懐の広いタイプの子だし、失礼なことは書いてないし結局は喜んでくれると思い、勇気を出して渡した。

そしたら、びっくりしていたが、素直にすごく嬉しそうだった。まだ読んでみての感想は聞いていないが、喜んでくれると嬉しい。

誰かに宛てて何かを書くことや想いを言葉にするのは楽しい!改めてそう思った。