読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢・光・音

日々の生活の中で生まれてくる想いや感情を詩や文章などで吐き出そうと思います

働くということ

こんばんは。僕です。なんとか元気にやっています。会社が体調不良を鑑みてくれて、勤務開始日を遅らせてもらったので、今は休養に努めております。だいぶ回復してきました。「暇だなぁ…」と思うくらいになってきました。働くというのは僕の乏しい人生経験と…

復調

自分が損な星回りの元に生まれたなぁ…とか、ついてないなぁ…とか、自分じゃない誰かに生まれたかったなぁ…とか思ってしまう時がある。自分はなぜこんな社会不適応に生まれてきたのか?今とは違う両親から生まれてきたかった、こんなはずじゃなかったなど。で…

優しい人間

子供の頃、文集で「将来の夢は?」という問いに対して、「優しい人間になる」と書いたのを覚えている。勉強も部活も仕事も文学も頑張ったが、何一つものになることはなかったが、自分の買い被りでなければどうやら「優しい人間」にはなれたようだ。優しい人…

悩んでいる

悩んでる、就職に関して。なぜか気持ちが進まない。勤務開始日をおくらせてもらったし、時短で最初は働かせてもらえるという配慮までしてもらったのに。ダメな人間だなぁと自分で自分のことを思う。研修だけで気持ちが後退りしてしまって、落ち込んでしまっ…

つぶやき

朝っぱらからダルかった。まあやっていこう。不満やストレスの元はいっぱいあるけど、少しは耐えよう。無理しすぎはよくないけど、忍耐も必要だ。しばらく少し休みだから、この2日でたまった疲れを癒そう。周りの人達はまだわからないけど、いい人達だと思…

研修

研修をしてもらった。教えてくれる人は優しくて、理解のありそうな人だったが、規則やルールをどんどん教え込まれるというのは中々ダルいことだった。でも、まあ今回のところで何とかやっていきたい。前よりは少しは経験を積んで、忍耐力がついたと思うし。…

西村賢太

こんにちは。今日は西村賢太さんについて書こうと思っています。西村賢太さんというのは言わずと知れた芥川賞作家で、テレビなどのメディアへの露出も多く、人気と実力を兼ね備えた日本を代表する私小説作家です。この1ヶ月で、彼の著作を4冊読みました。…

人前で話すのは難しい

人前で話すというのは中々に難しいことである。昨日はそんなことを実感した。自分なりによく話せたし、聞く人達に気を使えたし、言葉が出てくる調子みたいなものも悪くはなかった。それでも、僕の言葉は聞き手にあまり届かなかった気がするし、たぶんそれは…

天使

できないって思ってた諦めちゃおうって思ってた人生はあまりにもヘビィだしそれに耐えるには僕は弱すぎるしでも、今はそう思わない誰かの笑顔がそう思わせてくれたいつも忙しいのに、それでも受け入れてくれる言葉じゃ伝えられないしいい感情だけでもないけ…

泥沼

気づいたんだ自分が間違っていたってもっと早く気づけばよかったもう手遅れだった事態は泥沼の様相で僕にはどうすることもできないだから、何もしなかった祈ることもせずにそしたらもっと状況は悪くなってパニック 嘔吐パニック 嘔吐の繰り返しそれで気づい…

偽らざる自分

今の今は人生が嫌になっています。やることなすこと全部ハズしているみたいで、気持ちは無駄に焦っていて、その分孤独で、自分がバカみたいで、誰かに甘えてて、鼻は学生時代みたいに高いままで、誰かのことを疑ってて、自分のことは棚にあげて誰かの批判ば…

生きている意味

生きている意味なんていう難しいタイトルをつけてしまいましたが、私はお金持ちになることも社会的に成功するのももしかしたら女性と結婚するなどのことも中々難しいかもしれません。社会的に成功することに関してはもともとあまり興味がないのですが(もちろ…

憂鬱の波

憂鬱が波のように攻めてきて、僕を停滞させている断続的に訪れる憂鬱の波は何かの知らせなのだろうか?しばらくの好調の時期の後には必ず訪れる振り子みたいにバランスを取っているのかもしれない新たな課題を知らせに来たのかもしれない今年も楽は中々させ…

Everything in its right place

こんにちは。今日は頭の中で思いついたことを掲載してみたいと思います。題になっている「Everything in its right place」という言葉はレディオヘッドのアルバム「kid A」の曲名の引用で「すべては相応しいところにある」という意味です。ポジティブな意味…

謹賀新年

明けましておめでとうございます!昨年は大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。本年もよろしくお願いいたします。個人的には今年は今月中旬より始まる仕事を継続できていたらなぁと思います。仕事をしていると、生活リズムも整うし、人間関係を…

今年の振り返り

今年を振り返ってみると、いろいろあった。去年自費出版した本の売れ行きがそこそこよかったことがわかったり、いつも通っているカフェの好きだった店員さんが辞めるときに長文の手紙を渡してくれたり、就職したり、3ヶ月半で離職したり、年末に再び就職先…

忘年会

この前デイケアの卒業生4人で忘年会をした。初めての組み合わせの4人だったが、みんな楽しめていたようなのでよかったし、安心した(自分は幹事だった)。アラサー2人とアラフォー2人の対談だったが、世代間の価値観の違いやライフサイクルの中での課題の…

空は光に満ちて

そんなに悪くないよ、今の人生満たされてない部分もあるけど、それはみんな同じだよよく頑張ってる、できることをできることだけやっていけば、それだけで十分だよ生活と仕事と文学、気楽にマイペースでやっていこう休息を上手に取りながら、周りを思いやり…

ダルい

ダルいなぁ…就職不安だなぁ…薬増えて体動かないなぁ…気持ちが前向けないなぁ…まぁ気楽に生きようダメならダメで仕方ないし、意外と何とかなるものだし原稿前に進まないなぁ…クライマックスをうまく書けないなぁ…文才ないなぁ…店長振り向いてくれないなぁ…ま…

たぶんあなたに僕の声は届かない僕がどんなに大きな声で言ってもあなたがどれほど熱心に聞き耳をたててもそれは仕方がない僕が悪いわけでもないし、あなたが悪いわけでもない仕方がないんだ違う星に住んでいるからでも、僕は呼び続ける、あなたの名前を想い…

人よりプライドの高いこの人はプライドが高い分だけ、人より多く仕事をするいつも面倒見てもらってる感謝している前よりこの人の愛情を素直に受け入れられるようになったたぶん人はそれを「成長」と呼ぶのだろういつかおばあちゃんのようにボケてしまうかも…

追憶

遠い日の記憶あの時は(今もそうだけど) 、何も定まっていなかったし、未来に憂いも心配もなかったあの頃とは何もかもが違う頓服薬でやり過ごしながら、毎日をあてもなくすごす馴染みの友人と会話を交わしながらでも、全部をあきらめたわけじゃない魂の部分で…

期待

フッと一息周りの景色を眺めながら自分がやってきたことを確認する随分いろんなことをやってきたそのどれも、たぶん無駄じゃなかった頭の中をよぎる、様々な人の表情味方ばかりじゃなかったけど、敵ばかりでもなかった振り返ってみると、みんな随分よくして…

悪くない日々

適当に生きてみようあまりこだわらずに目標に向けて頑張りすぎずに時にはあきらめながら人生って禅問答みたいだ答えはずっと先でいい僕を待っているものに身を委ねようもうすぐ1年が終わる悪くない日々だった

感謝

なんで才能ないのに文学なんてやっているのだろう?諦めちゃえばいいのにでも、諦められない、これだけは意地みたいなものだ応援してくれる人もいるし彼らと自分の期待に応えたいたぶん、才能は……ないでも、続けていこう少しでも感動や元気・感謝を届けたい…

夕闇の向こう

いろんな事がこれまであった我が人生。道とは言えないような道を歩んできたのかもしれない。随分人として間違ったこともしてきたかもしれない。寂しい暗い道を歩んできたのかもしれない。でも、最近ようやく自分のことを肯定出来るようになってきたのかもし…

あなたとの約束、果たしていきたい

あなたのことを今日小説の中で書いていて、胸が苦しくなったそれほどあなたのことを愛していたんだこれ以上ないというぐらい慕っていたんだあなたがいたからここまで来れた感謝してる、言葉に表せないぐらいずっと覚えているだろう、これからもあなたと会え…

悩める力

担ったものは何だろうか?重いだろうか?苦しいだろうか?恵み深いものだろうか?意義深いものだろうか?感謝しよう多くのものを与えてくれた、神に深く悩める自分に喜び感じよう与えられたのだ、悩む力を続いていく、この道はどこまでも続いていくこの先に…

探しものは見つかるだろうか?

あまりすぐに求めないで声を気長に待とうよいものが先で待っている声が聴こえる、かすかな優しい声が仰向けで気楽に生きよう今より少しだけ怖がらずに生きよう澄んだ青い空がどこまでも広がっている30才になるのは思ったより晴れやかな気分だ友達がいる関係…

牛島兄弟「だれかの映画史」を読んで2

昨日書いた、牛島兄弟「だれかの映画史」についての記事が納得できなかったので、書き直します(昨日書いたのは、昨日書いたまま残しておきます)。だれかの映画史。だれの映画史なのでしょう?読み進めていくと自ずとわかりますが、それは筆者だけじゃなく、…

牛島兄弟「だれかの映画史」を読んで

日曜日から、友人の牛島章雄君とそのお兄さん・俊雄さんのふたりが中心となって製作した雑誌「だれかの映画史」を読んでいました。そして、今日読み終わりました。一言で言って、面白かったです!俊雄さんの文も、章雄さんの絵も、身内だからでなく、素晴ら…

「浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術」~千葉市美術館にて

今日、友達と千葉駅周辺をブラブラというか散策しました。あまりよく知らない街を歩き回るというのは案外大人になってもワクワクするものです。駅を降りて最初に偶然見つけたdisk unionに立ち寄りました。しばらく物色して、エリオット・スミスの「from a ba…

就職と人前で話すということ

こんにちは。お元気ですか?ちなみに僕は元気です。なぜなら、ふたついいことがあったからです。ひとつは就職が決まったことです。もうひとつは10人ぐらいの前で仕事などの経験について、話したのですが、それが一応成功をおさめたことです。まず就職につい…

カフカ「城」を読んで

先月から読んでいたカフカの「城」を読み終わりました。面白かったし、不思議で、不気味で、謎とユーモアに満ちていました。話のあらすじは測量師のKが城のほど近くの村に到着するところから始まります。そして、2人の小さな助手を得たり、城の役人の使者と…

12月の夕闇

自分が幸せかなんてわからない慰めて考えようとすれば、幸せだし突き放して考えてみれば、不幸だでも、どっちかなんて、わからない俺は自分の人生が愛おしい舐めた苦悩、やり過ごしてきた葛藤今でも答えのでない問いと選択そして、もうすぐ今年も終わり、そ…

惡の華

絶望的な夜明けのような後味煙草の匂いが服だけじゃなく、髪にもまとわりつくずっと前から味のなくなったガムを噛み続けている俺は29歳特有の終末論的な思想を抱きながら、カロリーの高そうなハンバーガーとポテトを貪り食っているシャワー後の濡れた髪が額…

なんとか今日も生きてる

憂鬱が頭の中でグルグル回ってるどうにもしようもがない頓服薬を飲んで、適当にごまかすカフェでコーヒーを飲みながら、時間をやり過ごすこんな毎日に何の意味があるのだろう?隣で障害を持った子供が乳母車に寝たまま時には泣いたりしながら、懸命に母親か…

Creep

言うまでもなく君は特別背中からは柔らかい羽根が生えているみたいでどん底に見えてた世界も君がいるだけで一瞬で姿を変える僕にとって君がそうであるように君にとって僕も特別になれればいいのにでも、僕は変な奴、奇妙な奴君にとって意味を為さないもっと…

宇宙

落ち着かない。よくあることだけど、落ち着かない。人にメールを送ったり、手紙を書いてる。脳が過活動ぎみかも。マイケル・ジャクソンがよく脳と体に響く。でも、文学力に関してはどんどん進歩してると思う。これはたぶん錯覚じゃない。少しずつ表現できる…

人生、1年の振り返り

気楽にいきたい。自分にとっては難しいことだけど、気楽にいきたい。どうやったら、気楽になれるのだろう?難しい。学生時代から、気づけば、ずっと頑張ってきた。部活に、勉強に。試合に勝つため、テストでいい点を取るために頑張ってきた。大人になってか…

言いようのない不安と焦燥感

今は体調が悪いわけじゃないけど、なんとなく不安で焦っている。自分に才能がないんじゃないかって、自分は表現したいことを表現したいようには表現できていないんじゃないかって。自分の書いた作品に対して完全に客観的になることはおそらくできない。だか…

描きかけの夢

今日は1日苦しかったです。自分の過去書いた作品に囚われていました。今ではその作品が好きではありません。なぜこんな作品出版してしまったのだろうと思ってしまうくらい。でも、その頃抱えていた苦しみは正当なもので、必死に闘っていたんだなと思い、な…

去年自分で出版した本を読み返してみて

今日、思い立って半年ぶりぐらいに自分が去年、自費出版した本を読み返してみました。読んでて、苦しくなりました。作品全体に書いた当時、自分を包んでいた重く行き場のない空気が胸に迫ってきて、ページをめくっていくのが苦しかったです。ただ久しぶりに…

ずっと眺めていた馬鹿みたいに星々を飽きることなくこのまま眺め続けたら何か起きるんじゃないかって結局何も起こらなかったんだけど、がっかりなんて全然しなかった風は気持ちよかったし、とにかく僕達は暇だったからでも、今思えばあの日、何かが起こって…

何気ない、だけど、うれしかった1日

今日はバレーボールをした。ボロ負けした試合もあったけど、楽しかった。少し痩せてきた。1キロぐらい。段々ありのままの自分を受け入れてきた。大きく見せることも強がることもなく、そのままの自分で前よりいれている。この1週間の不調が段々明けてきた。…

偶然立ち寄ったマクドナルドでNeedle in the hayが流れていて

寒い冬厚手のコートを着込みホットコーヒーをすする頭の中で浮かんでは消える、様々な想念俺は不幸なのだろうか?わからない何もしてこれなかったのだろうか?わからない何もわからないただ俺がついたためいきが白くなって、空気に消える

明日

人と会うと楽になる時がある。相手のまとっているポジティブな空気に持ち上げてもらえるような。前向きな空気をお裾分けしてもらえるような。だから、人と会う意味があるのだ。自分一人でいると、頭の中でグルグル回って停滞してしまうし、空気が淀んでしま…

長い闘い

ここ1週間調子が悪い。のたうち回るほどじゃないけど、じわじわとずっと苦しい。母が支えてくれる。ありがたい。送り迎えから食事の世話まで。頼りながら生きよう。いつかは晴れの日が来るはずだから。統合失調症。長い闘い。でも、僕は負けない。支えてく…

調子が悪いときの心得

調子が悪い。調子が悪いときは、ゆっくりしよう。よくやっている。自分なりに。無理しない。たぶんそれが一番。しんどいなりにやっていこう。見ててくれてる、誰かが。知っている、何かを。気楽にいこう。先は長いのだから。誰かがいつか微笑んでくれる。や…

年上の先輩たち

僕には年上の先輩がたくさんいる。そのことにすごく感謝している。先輩たち自身にも、出逢わせてくれた神様にも。彼らから本当にいろんなことを教えてもらったし、多くの励ましも頂いた。これからもたくさんの経験談やアドバイス、励ましをもらうであろう。…